スタッフの日常

仙台市の総合保険代理店 オンワード・マエノ、保険クリニック榴岡店のスタッフブログです。

定禅寺ジャズストリートフェスティバル

山田です。


1ヶ月ほど前になるのですが、定禅寺ジャズストリートフェスティバルに参加してきました!
今回で29回目の開催ということでしたが、年々参加団体も増えており日本有数のジャズのお祭りになっているようです。
この日は仙台市内が音楽であふれる一日となり、ただ街の方を歩き回るだけでもなんだか楽しい気分になれる日です。


普段は市内のアマチュアオーケストラで活動しており、ジャズのジャの字にも触れていない私たち。
実はこのジャズフェス、意外とジャズではない音楽団体もたくさんいるのが特徴です。
我々もすこし珍しい「金管十重奏」という形態で参加。
となりのトトロといった親しみのある曲からガチな金管アンサンブル曲までいろいろなジャンルの曲で、
金管楽器の特徴であるその華やかさとパワフルさを携え、満を持して当日を迎えてみると・・・




晴天。快晴。広がる青空と降り注ぐ直射日光。
残暑なんて似つかわしくないほど、ど真ん中に真夏日でした。

さらに、金管楽器の色が映えるからという理由で上下真っ黒の服に身を包み参加していたため、
全員が地獄を見るはめになりました。


とにかく暑い。
早く終わらせたい気持ちが無意識に出たのか、
いつもよりも明らかに音楽のテンポが速い。1.5倍くらいになっている。速い。そんなテンポで吹けない。
演奏中は滴る汗を拭うこともできず、汗が唇と楽器の間に入りこみ音が出ないなんてトラブルも発生。
さらには風にあおられ倒れまくる皆の譜面台と飛んでいく譜面。
日差しにより熱を帯び始める金管楽器たち。
全員、いろいろな戦いで必死な演奏になりました(笑)


それでも、暑い中足を運んでくれた方々、興味を持って足を止めてくれた方々、
多くに方に素敵な演奏を届けられるよう全力で吹ききりました。
たくさんの方に多くの拍手をいただくことができて、本当に嬉しかったです。

来年も参加することができれば、そのときは屋根のある会場になるよう抽選運を貯めておきたいと思います。



最後に!炎天下の演奏後の打ち上げビールは、ほんっっっっっとうに最高でした!!!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です