お客様の声
日頃お世話になっているお客様に、
ご自身のお仕事のこと、
オンワード・マエノについてお伺いしました。

株式会社 武田の笹かまぼこ 様

冷静で的確な対応
いざという時、頼りになります!

代表取締役社長 武田 和浩 さん

代表取締役社長 武田 和浩 さん

株式会社 武田の笹かまぼこ
株式会社 武田の笹かまぼこ昭和10年創業、塩釜の地に根ざした笹かまぼこの名店。併設のレストランでは、塩釜港で水揚げされた新鮮な魚介を使った料理を提供。工場見学・笹かまづくり体験も受け入れる

事業を行う上で、保険は欠かせません。
わが社は食品の製造・販売のほか、料理の提供や団体様の見学の受け入れなどを行っており、リスクは多岐にわたります。万が一の際、もしかすると補償内容以上に重要なのは、代理店のスピーディな対応。その点で、オンワード・マエノさんを全面的に信頼しています。

 実際数年前に、建物のひさしが強風にあおられて落下し、本社前に停車していた大型観光バスに傷をつけてしまったことがありました。すぐに当時ご担当だった現社長に電話を すると、即座に、やるべきことを的確に指示してくださいました。その優しく冷静な話し方が、私を安心させてくれて、おかげでお客様へも落ち着いて対応できました。いざという時に本当に頼りになる会社だと、実感しましたね。

現在担当してくださる村山さんも、節目ごとに顔を出してくれるので、何かと相談しています。保険に詳しくないものですから、これからもさまざまな角度からアドバイスいただきたいと思っています。

担当窓口より 賠償責任保険は敏速な対応が命!

営業課長 村山憲也

営業課長 村山 憲也

製造販売をされているお客様への賠償責任保険などの対応は、特にスピードが重要だと考えています。対応が遅れると、ご契約者様への不信感を生みかねないからです。私が担当して以来、幸いなことに事故などがありませんが、いつでもすぐに対応できるよう準備しています。武田社長は大変勉強熱心で、社員の方への接し方も常にポジティブ。人望も厚く、働きやすい環境を整えておられ、尊敬しています。
保険でも、保険以外でも、私どもにできることを考えお役に立てるよう、頑張ります。

2016年12月

エネックスジャパン株式会社 様

補償内容と料金に納得
誠実な対応に満足しています

取締役業務部長 日下 俊之 さん

取締役業務部長 日下 俊之 さん

エネックスジャパン株式会社
エネックスジャパン株式会社 昭和33年創業の「仙台熔材株式会社」が平成22年に社名変更。溶接・溶断機器や各種高圧ガス、ガス供給設備全般、住設機器等を幅広く取り扱う。

3年ほど前から、自動車保険の一部をお世話になっています。当社の業務はボンベ等を運搬する作業が多く、自動車保険はとても重要です。もともと、複数の代理店と契約していて不足はなかったですし、これ以上契約先を増やすと煩雑にもなるのですが、飛び込み同然で来られたオンワード・マエノの村山さんの話が大変分かりやすく、お願いしてもいいかなという気になりました。補償内容と保険料に納得したことと、リスク分散の意味もあります。

村山さんは大変まじめで、誠実な人。こちらの要望や不安を敏感に察知して対応してくれます。これまでいくつかの小さな事故もありましたが、その都度、的確な指示と親身のフォローをしてくださり助かりました。何があっても大丈夫、と安心してお任せしています。

オンワード・マエノさんではさまざまな情報提供やセミナーの開催もされるので、自動車安全講習もぜひ期待したいですね。今後もよきお付き合いを続けたいと考えています。

担当窓口より 事業内容にフィットした保険をご提案

営業課長 村山憲也

営業課長 村山 憲也

すでに自動車保険には加入されていましたが、内容をお伺いして、当社であれば同等の補償内容でもさらに保険料を安くご提示できると考えました。そこで、弊社が取り扱う複数社の商品から、ご要望と事業内容にフィットするものをご提案した次第です。納得いただいて安心しました。
事故対応にあたっては迅速性と判断力、アフターフォローには親切で丁寧であることが重要です。「オンワード・マエノを選んでよかった」と思っていただけるよう、コミュニケーションを密に取りながら日々の業務に当たっています。これからも、お役に立てる情報提供をしていきたいと思います。

2015年12月

代表取締役 相澤 秀樹 さん

興立産業(株)についてご紹介ください

興立産業(株) 代表取締役 相澤 秀樹 さん
大正時代に名取市閖上で祖父が創業し、昭和27年に設立、平成22年の設立60周年を機に代表を引き継ぎました。
産業機械の販売とメンテナンスを基盤に、3部門を事業の柱に据えています。売上の約7 割を占める「B toB」企業取引、そして農業機械と土木建設機械、パッカー車(塵芥車)のユー
ザー販売が主要な営業品目となっています。

貴社におけるオンワード・マエノの現在の役割、そして今後の期待をお聞かせください

電動除雪機
電動除雪機/ 200,000 円(消費税別)

おつきあいの始まりは、D.M. を見てお願いした自動車保険からでした。
担当の内田さんに会った際、保険代理店のイメージとはまったく違った印象がありました。年代も近く、長いおつきあいができると感じました。
オンワード・マエノさんにはよくやっていただいています。電話で問い合わせやお願いをすることがちょく ちょくありますが、社員のみなさんが面倒がらずにじつに丁寧に対応してくれます。いろいろな要望にもきめ細かく対応いただけるのでとても安心感があります。取引をお願いしてから大きな事故はなく、まさに〝転ばぬ先の杖〟として頼りにしています。
今後も、保険商品のパッケージ化やタイムリーな見直しなど、弊社の事業展開に応じた提案をいただければと思います。 11月に安全講習会を開催していただきましたが、今後もそうした社内啓蒙活動でもお手伝いいただければありがたいです。

ありがとうございました。

興立産業株式会社
〒983-0034 仙台市宮城野区扇町4-6-16
Tel 022-235-9311
時代の流れをキャッチし、販売製品の複層化、販売チャンネルの多角化を進めています。新たにスタートさせた充電式電動ラッセル除雪機の販売では、これまでにない顧客層の開拓をめざしています。

2014年12月

▲ページの先頭に戻る

(株)パルックス 木皿奈美子さん

パルックス様の特色をご紹介ください

(株)パルックス 木皿奈美子さん

お客様の用途に応じて様々なメーカーから最適な電球をお届けすることが、「あかり」の専門商社として誕生した私たちの原点です。
PALUXは、常に時代に先駆け、次代をとらえてきました。今ではよく知られているLEDの販売、LEDに特化した専門部署の立ち上げも以前からの取り組みです。「お客様第一主義」を基本に時代と社会にマッチングしたお客様にとって真に価値がある商品の提案・提供を心がけています。

オンワード・マエノに期待する役割についてはいかがでしょう。

オンワード・マエノ様には「困ったらマ工ノさん」という感じで、いろいろご相談させていただいています。
事故が起きてしまったとしても、同じ事故はありません。ちょっとしたケースの違いが大きな違いにつながるこ とがあります。その点からも、相談側の弊社とマエノ様とのコミュニケーション力がとても大切と思います。face to faceの関係を築いているマ工ノ様は、私が何を望みどのように解決したいかを理解し直ぐに動いて頂けるので、本当に心強いです。

現在、一番心配しているのは自動車に関ることです。任意保険料が上がる昨今、無保険者も増えている噂を聞い ています。弊社は全国に営業所があり、受ける事故も場合によりあります。事故の相手の方が無保険等の状況に遭遇した場合、どのように対応したらよいのか?保険商品はもちろん、時代の特色で出てくるリスクの回避等、リアルタイムに情報提供、ご提案を頂きたいと思います。

ありがとうございました。

PALUX 株式会社パルックス本社
仙台市若林区蒲町東47 ー1
昭和59年に設立。東北、関東を中心に全国に販売網を広げる“あかり”の総合コンサルタン卜企業です。
今年6月には「L.S.C仙台」を仙台市若林区大和町に開設。太陽光発電システムからLEDの照明までを実際に見ることができます。オフィスや家庭での消費電力が気になる今、ぜひ一度は足を運んでみたい節電システムのショールームです。節電をテーマにしたセミナーなども開催しています。

2013年12月

▲ページの先頭に戻る

図南商事株式会社 代表取締役社長 鈴木 知浩さん

法人のあゆみ

図南商事株式会社 代表取締役社長 鈴木 知浩さん

昭和43年にアイスクリームの卸売業としてスタートしました。今期で46期目を迎えます。宮城県を中心に福島県中通北部、山形県南陽地方で営業展開しております。従業員は現在27名。平成23年の3月社長に就任しました。

法人の特徴・PR

アイスクリームの卸と清涼飲料水の自動販売機オペレーターが主な仕事です。震災で創業当時からあった冷凍倉庫・飲料倉庫及び新事務所の一階部分がすべて流失しました。二回の移転を経て、現在の名取市復興工業団地に無償で入居させていただきました。地元の諸先輩方のご厚意と応援をいただき頑張っております。

法人経営における保険の役割

今までは保険に対し、正直転ばぬ先の杖というイメージをもっていました。しかし今回の震災を経験し、リスクを移転するという意味では、経営上必要不可欠な存在だということに気がつきました。オンワード・マエノさんからは、保険加入の際に色々アドバイスをいただいたり保険金支払いの際には粘り強く保険会社と交渉いただいたりしました。誠実さと行動力に助かってます。

オンワード・マエノに期待する役割

今後も永遠にパートナーであっていただきたいと思います。これからも色々ご提案ください。

ありがとうございました
趣味はサーフィン。19歳の頃から始めて、サーフィン仲間も多いとのこと。暖かくかつ指導力・統率力ともに備わっていて、震災復興の担い手となっていただけそうです。

2012年12月

▲ページの先頭に戻る

株式会社海祥
代表取締役 大友 史祥(おおとも ふみよし)さん

法人のあゆみ

株式会社海祥
代表取締役 大友 史祥(おおとも ふみよし)さん

流通業界から42歳で脱サラし、平成6年に経営の道に踏み出しました。大学の専攻とサラリーマン時代のノウハウ、それに三陸沖の水産資源を経営資源として活用し、水産加工品メーカーの(株) 海祥を設立しました。

法人の特徴・PR

創業時、取扱商品として目をつけたのが「小魚」でした。水産資源に恵まれた宮城では「小魚を商品化する」という発想はあまりなく、大手も参入していませんでした。しかし、時代は高齢化社会の到来。骨粗しょう症がクローズアップされており、カルシウム豊富な小魚に特化したビジネスモデルを立ち上げました。小魚商品は、単品では商品力が弱いですが、商品群にすると大きな力を持たせることができます。弊社が重点を置く「プレゼンテーション型販売」はここから生まれました。専用ラックとパッケージデザインに工夫を凝らすなどして、顧客であるデパートなどに対し、来客型の購買意欲を高める「売り場づくり」を提案しています。他の“地産メーカー”と手を組み、食品ブランド「杜乃國」を立ち上げ、海外販売にも取り組んでいます。

法人経営における保険の役割

大震災では直接的被害と風評被害で1億2千万円ほどの損害を受けましたが、オンワード・マエノさんから勧められた地震保険などで約9千万円をカバーすることができ、今後の展開を続けることができました。リスク管理の観点からも「保険」は経営上、欠かせない要素と考えます。

オンワード・マエノに期待する役割

保険業務のほとんどをオンワード・マエノさんにお願いしています。提案力がすばらしいので、大変助かっています。今後も、社内総務の一部門的な立場で、経営戦略に即した保険商品を提案していただければと思います。

ありがとうございました。
【インタビューを終えて】
言葉の端々から、時代と社会のニーズに対する鋭敏な感性を感じました。新ブランド「杜乃國」の今後の海外展開が楽しみです。

2011年12月

▲ページの先頭に戻る

仙台市宮城野区銀杏町
高砂商工株式会社
代表取締役 大内 弘毅(おおうち こうき)さん

お仕事の内容・歴史

仙台市宮城野区銀杏町
高砂商工株式会社
代表取締役 大内 弘毅(おおうち こうき)さん

創立は昭和60年で、今年で25周年。前社長と共同経営で始め、13年前に私が社長職を引き継ぎました。社屋は自社ビルで7年前に建てたものです。現在、仙台の他に青森、秋田、岩手に営業所があり、東北6県をシェアとしております。主な仕事は大型ビルや公共施設の耐震工事および改修工事で、学校校舎、庁舎、公民館などを手掛けています。

お仕事のPR

(1)安全作業(2)信頼される内容をきちんとする(3)要望を確実に仕事に反映させる - ごく当たり前のことを信条として仕事をさせていただいております。おかげさまでお得意様も年々増えております。

貴社での保険の位置づけとは?

そんな危険な現場ではありませんが、建設現場にはやはりリスクが伴います。労働災害のための対策や交通事故の対応など、保険は会社を守るためのものです。

オンワード・マエノの位置づけとは?

もう30年来のお付き合いになります。会社設立前からお世話になっていました。今では、ほとんどすべての保険をお願いしています。事故があった時に他社がぜんぜん処理してくれなくて困ったことがありましたが、オンワードさんには本当に迅速に対応していただきました。いざという時、非常に心強く安心です。

当社への要望

顧客の立場に立ったサービスには、とても満足しています。これまでどおり、よろしくお願いします。

ありがとうございました。
【インタビューを終えて】
すごくシャイな方とお見受けしました。ぽつりぽつりお話しくださる中に誠実さが滲みでて、堅実な仕事ぶりが想像できます。事務所に事務員さんの飼い犬がおり、皆さんで可愛がっていらっしゃるようで、そんな温かな雰囲気も、社長さんのお人柄なのでしょうね。

2010年12月

▲ページの先頭に戻る

株式会社フォーバックス代表取締役 橋本徳郎(はしもと とくろう)さん
株式会社フォーバックス代表取締役 橋本徳郎(はしもと とくろう)さん

お仕事の内容・歴史

平成9年に4名で現在の会社を設立しました。4人ともサッカーが好きだったので、「フォーバックス」という社名になりました。イベントやコンサート会場の設営、TVスタジオなどのセットを手掛けています。近年は簡単なイベントの運営も行っています。

お仕事のPR

打ち合わせをし、図面を引き、備品の手配をし、工場スタッフと打ち合わせて、当日の搬入、撤収まで、最初から最後までひとりの担当者が責任を持ってあたります。私ももちろんその中の一人です。ありがたいことに、口コミで仕事が広がっているので、営業活動は積極的にしていません。
社員には提案があれば何でも言ってこい、と言ってあります。改善できるところはきちんと改善し、独立したいと思っている社員には、のれん分けという形にしてもらっています。

貴社での保険の位置付けとは?

心強いですね。考えられないような事故が起こりますから。大きい事故はめったには起きませんが、時には賠償しなければならないようなこともあります。もし保険に入っていなければ会社の存続が危うかったこともありました。

オンワード・マエノの位置づけとは?

初めは社長さんがうちのお客様でした。その後、保険の仕事を奥様と始められて、担当が内田さんになりました。内田さんは努力家ですよ。愚痴を言ったり、甘えたりして相談しています。財務コンサルタントと言ったところでしょうか。

当社への要望

保険は企業としては財産ですけど、リスクもあります。適切な情報を提供していただき、企業にとって有利な保険を紹介してくれればと強く思います。社員の退職金は現金で渡したいと思っていますので。

ありがとうございました
【インタビューを終えて】
お話のし方は穏やかで常に気を遣っていただいてしまいました。太っ腹で懐の広い方。ただ、お仕事には妥協を許さない自分に厳しい方なのでは、という印象でした。口コミでお客様が増えているということに納得できました。

2009年12月

▲ページの先頭に戻る

株式会社マルイ 代表取締役社長 佐藤 宏(さとう ひろし)さん
株式会社マルイ 代表取締役社長 佐藤 宏(さとう ひろし)さん

お仕事の内容・歴史

明治36年素業で、私で5代目になります。平成5年に社名を現在の株式会社マルイに変更しました。従業員は72名。食肉卸と店舗展開をしています。私は平成19年7月に社長に就任しましたが、それ以前は6年間他県の同業者を7カ所ほどまわって丁稚奉公をし、こちらに帰ってからは主にルートセールス(営業マン)をやっていました。部長の肩書きで動いていましたが、社長就任は突然だったので、困りました。
社長になって初めにしたことは、会社内の衛生管理の工場と商品の品質管理を徹底し、安心・安全を社員一丸となって守っていくことです。

お仕事のPR

修業時代に屠殺なども経験しましたが、牛が涙を流すんですよ。感受性の強い牛はその場から動かなくなるし。肉は大切に扱わなきゃならないと思いました。
とにかく地道にやって行こうと思っています。毎日食べていただく肉なので、一円でも安く皆様に提供していきたい。何とか会社をまわしていくくらいの利益をいただいて、肉屋ひと筋でやっています。見た目が良くても味がいいとは限らない。肉を見分ける目には自信があります。「良い肉をより安く売る」ことを心掛けています。

保険はどのように役立っていますか。

保険関係は主に常務が担当しているので、あまり詳しくありませんが、お客様に対する保険は充分だと思います。役員への保障は大体揃ったので、これからの検討課題は社員の怪我に対する保険だと考えています。安心して仕事をするためにも保険は欠かせないものです。

当社への要望

どんな保険があるのかどんどん紹介していって欲しい。信頼関係を築いてお互いに良くなっていけたらと思っています。

ありがとうございました。
【インタビューを終えて】
お仕事と扱っている商品にとても愛情を感じました。明るくて気さくなお人柄で、お話しを伺っているうちに、とてもお肉が食べたくなりました。秘蔵コレクション是非ともご紹介いただきたいです。

2008年12月

▲ページの先頭に戻る

株式会社テクノ丸誠 代表取締役 伊藤 正幸さん

伊藤正幸さん

お仕事の内容・歴史

昭和48年11月29日創業で、七十七銀行二日町の事務センターの仕事がスタートです。当時はビル管理のみでした。社名も丸誠ビルサービスで、昭和60年6月に現在の社名に変更しました。現在は常駐のビル管理の仕事とビルのメンテナンスの二本の柱で営業しております。従業員は64名おりますが、本社勤務が23名で、ほかの社員は常駐先に勤務しています。

保険はどのように役立っていますか

お客様の大切な不動産を預かり、外回りの工事などもやっておりますので、万が一何かトラブルがあった場合の賠償責任はとにかく必要不可欠なものです。年に一回くらいは小さくても何かしらのトラブルはあります。その時保障がないと安心して仕事ができませんから。社員が安心して仕事ができるようにするために保険はかかせません。

当社の位置づけ

大分前に油洩れの事故がありまして、当時加入していた保険会社がきちんと対応してくれなくて困っていた時に、マエノさんに相談して専門的なアドバイスをいただき、一年後に無事解決しました。とても親身になっていただき、それ以来のおつき合いになります。

当社への要望

ちょくちょく寄っていただいていますし、何かありましても、きちんと対処してくださるので、いまのところ特にこうしてほしいということはありません。安心してお任せしています。

お仕事のPR

先代の社長は元々、仙台商業高校出身で、中国の大学を出て、その後、毎日新聞に就職し、TBSが設立した年にそちらに移っています。定年を迎えるにあたり、地元で新しい企業を起こしたわけです。とてもグローバルな視野を持った方で、当時は仙台のほかに新潟、大阪、沖縄と展開していました。現在はビル管理以外にメンテナンスで必要な、配管、電気、消防、貯水槽、空気環境整備などの許可をすべて取得しております。社名には「誠をもって世の中を丸く渡る」という意味が込められており、今も社訓として生かしながら、仕事に取り組んでおります。

ありがとうございました
【インタビューを終えて】
お話の合間あいまに誠実で優しいお人柄が感じられ、楽しくお話をうかがうことができました。一歩一歩確実に会社を成長させて来られ、また、お客様に対する姿勢に安心感を覚えました。(星川)

2007年12月

▲ページの先頭に戻る

梶原電気株式会社 代表取締役 梶原 功さん

お仕事の内容・歴史

梶原功さん

昭和31年創業、当時は照明器具を主体とした製造会社でしたが、今はお客様のご要望にはなんでもお応えしています。携帯電話の中継ハウスの製作、計測関係、ホテルや博物館などの内装的なインフォメーション、照明関係も幅広く取扱っています。従業員は70名くらいで、20代から60代まで各世代が平均的におります。一番年上は71歳。60過ぎても働ける職場をつくりたいと思って、年金と併用して、働き続けてもらっています。

保険はどのように役立っていますか

主に社員の福利厚生のためにご相談しています。製造業なので賠償なども含めて利用させてもらっています。

当社の位置づけ

提案型なのでとてもいいです。こちらから、こういうのありますか?ああいうのありますか?と質問すると、適切に対応していただいています。

当社への要望

企業というのは生き物だから、マエノさんに景気のいい時に、保険を有効に活用する方法をアドバイスしてもらって、蓄積しておかないと、苦しくなってからでは遅いですからね。

お仕事のPR

製造業ですからお客様が欲しいというものはなんでも作ります。どんなご注文にもお応えします。これからやってみたいのは、子どもたちに作る楽しさを知ってもらう場を提供していくことです。蛍光灯を砕いたあとのガラスを使っていろいろなものを作ったり。作る喜びを知ってもらいたいですね。作るよろこびを知らないと、仕事をしていてもまずいんじゃないかなと思うんですね。

ありがとうございました
【インタビューを終えて】
真面目な学研の徒、忍耐強く作り続ける職人気質。お話のあい間あい間から、そんなお人柄を想像しました。ただ、ご自分のお好きなことを語られる時の眼差しは、少年のよう。こういう方がおられると、地元企業は安泰なんだと、妙に納得してしまいました。(中林)

2006年12月

▲ページの先頭に戻る


電話でのお問い合わせ 022-762-9915

募集文書番号 AIU-北-17-0260,2413-90030,17-T00164 2017年4月,B16-102893 使用期限:2018/4/1, B17-101930